2020年6月24日
建設のチカラ 享和建設

工事現場
工事場所は新発田市八幡から丑首地内の約800mの区間で、主要地方道新発田 津川線の田園地帯にバイパスを整備しています。現道の近くには凸版印刷や佐藤食品工業等の工場が立地しています。
工事目的
新発田駅を中心とした市街地内では、道路の幅が狭く、見通しの悪い所があっても 人と車の動きが多く交通が混雑して渋滞が発生している箇所があります。このため、一般国道7号(新新バイパス)の新発田インターチェンジから新発田南バイパス、 荒町バイパスを整備して渋滞箇所を迂回する道路をつくってきました。
今回工事している区間を含めた全長約2.2kmの五十公野バイパスは、この一連の道路整備です。
五十公野バイパスが完成すると一連のバイパス整備が全て完了し、安心で安全な道路を通行できるようになります。